2019/03/16(土)

座っている時の腰痛

カテゴリー:鳥取 腰痛

 

座位の後弯姿勢で腰が痛くなることありませんか?

 

 

前屈は痛くない、、、でも座って猫背になると痛いんです。みたいな。

 

 

この時にストレスを受けている組織はほとんどの場合が「腰方形筋」です。

 

 

これに関係しているのは腹腔内圧。

腹腔内圧は肋骨と骨盤の間の空洞に安定を持たせる機構です。

胸郭は肋骨で覆われているので、外部からの圧力に構造的に対抗できるのですが、腹腔部分は構造が脊柱しかないので、非常に脆弱です。

そのため、筋を用いて内圧を調整し、外侮からの圧力に拮抗します。

 

 

その構成要素は「上面が横隔膜」「前面が腹横筋」「底面が骨盤底筋」「後面が腰方形筋」となっています。

 

 

正中位では腹腔のバランスが保たれているので、

どの方向からも均等に圧が加わりそれに拮抗しています。

 

 

では後弯姿勢だとどのようなストレスがかかるのか?

 

 

後弯位だと腹腔が後面に凸の楕円形を形成するため、

後方の腰方形筋に圧力が集中してしまいます。

 

 

このストレスがかかり続けることで、

腰痛が出現してしまうわけです。

 

 

後弯位の姿勢保持は動作ではないので、

アライメントが明らかに崩れていない場合は、

その部位(腰方形筋)自体の柔軟性があるか、がポイントとなります。

 

 

つまり腰方形筋の柔軟性を獲得する方向に治療を展開すればいいわけです。

 

 

ここで考えることは腰方形筋に直接アプローチするのはもちろん、腰方形筋に繋がる組織を治療するとさらに効果的です。

 

 

そこでアプローチして欲しいのが「臀筋群腸骨稜付着部」です。

 

 

臀筋の中でも腰方形筋と付着部が共通している、腸骨稜の部分で硬さが生じている症例は非常に多い。

 

 

腰方形筋が硬くなる背景として、臀筋の硬さがあるのかもしれませんね。

 

 

実際に治療していくと、座位保持の時間が徐々に延長されて行きますので、試してみてくださいね^ ^

 

ブログ一覧はこちら

 

最新記事一覧

 

カテゴリ一覧

 

 

まで先着6名様限定割引
キャンセル待ち(ご紹介優先)

診察予約は今すぐお電話で

080-6902-6813

受付時間 9時〜18時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。