ブログ一覧

2019/03/21(木)

立ち上がる時の腰痛

カテゴリー:鳥取 腰痛

さて 座位からの立ち上がり動作で痛みが生じる患者さんが結構多い印象があります。 腰痛に限らず、股関節痛とかでも。     立ち上がり動作のポイントは色々ありますが、 今日は全体的な流れを見ていこうと思います。     立ち上がり動作で痛みが出現しやすいフェーズは 「立ち上がり直後」と「屈曲位からの直立」です。   ーーーーーーーーー 「立ち上がり直後」 ーーーーーーーー
続きはこちら»

 

2019/03/20(水)

前屈みでの腰痛の原因

カテゴリー:鳥取 腰痛

前屈動作や前屈みの腰痛に対して下腿を治療すると改善するケースが多々あります。 これはアナトミートレインで言うところ、下肢のバックラインである臀部、ハムスト、下腿三頭筋の連結が関与していて、 下腿三頭筋の硬さが上部組織への牽引ストレスとなり、 最終的に臀部から起立筋筋群に対して伸張ストレスが加わる。 その状態でも前屈をすれば、起立筋筋群は頭側へ牽引されるので、 腰部
続きはこちら»

 

2019/03/19(火)

骨盤がズレてしまう原因

カテゴリー:鳥取 腰痛

立位保持で腰痛が出現する患者に対して     立位で長時間作業を行ったり 立位保持の状態を強いられる環境で 腰痛が出現する場合、 何が原因と考えられるでしょうか?     もちろん原因は様々ありますが、 その中の一つに「仙腸関節の安定性」が挙げられます。     立位保持は動作ではないので、 一見ストレスがかかっていないように感じられます。 しかし重力という環境を考慮
続きはこちら»

 

2019/03/16(土)

体を曲げた時の腰痛について

カテゴリー:鳥取 腰痛

体幹屈曲時の腰痛を訴えられる患者さんいませんか?     体幹屈曲動作で痛みが出現している場合、多裂筋にストレスが集中している症例があります。 これは屈曲初期ではなく、「屈曲最終域」での痛みですね。     多裂筋は腰椎の椎間関節に付着しているので、腰部痛の発症機序で絡みやすい組織と考えられます。     伸展筋だからと言って単純に伸張ストレスで痛みが出る訳ではなく、多裂筋の解
続きはこちら»

 

座っている時の腰痛

カテゴリー:鳥取 腰痛

座位の後弯姿勢で腰が痛くなることありませんか?     前屈は痛くない、、、でも座って猫背になると痛いんです。みたいな。     この時にストレスを受けている組織はほとんどの場合が「腰方形筋」です。     これに関係しているのは腹腔内圧。 腹腔内圧は肋骨と骨盤の間の空洞に安定を持たせる機構です。 胸郭は肋骨で覆われているので、外部からの圧力に構造的に対抗できるのですが、腹腔
続きはこちら»

 

【体幹側屈での腰痛に対してどう治療していくか?】

カテゴリー:鳥取 腰痛

これは結構よく見かける症状ですよね。   まあ日常生活で側屈することはあまりないんですが、 主訴の痛みが側屈で再現できることはよくあります。 そしてほとんどの場合が「胸腰椎移行部」に痛みを訴えられます。 この時に治療して欲しい組織が『側屈方向と反対側の広背筋』です。 広背筋は回旋筋群と連結しているため 硬さが生まれると、肩甲骨を外転方向へ牽引させてしまいます。 すると、結果的に大菱
続きはこちら»

 
1 / 3812345...102030...最後 »

ブログ一覧はこちら

 

最新記事一覧

 

カテゴリ一覧

 

 

まで先着6名様限定割引
キャンセル待ち(ご紹介優先)

診察予約は今すぐお電話で

080-6902-6813

受付時間 9時〜18時(不定休)

 

メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。

※メールフォームからのご予約は24時間・年中無休で承っております。
診察時間外にホームページをご覧の方は、ぜひメールフォームからのお問い合わせをお願いいたします。